西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

畑は、当帰で埋め尽くされている感じです。今年で3年目の当帰、10月から撒いた「出がらし漢方薬堆肥」のおかげでしょうか?大変よく育っています。

今年は、もう当帰の花が咲いています。例年より一ヶ月早い開花です。

この時期の雑草は、比較的簡単に抜けますが、ここで手を抜くと大変です。

 


むつごろう新聞

トピックス情報

当帰の花です。今年は例年になく早い開花です。白い可愛らしい花を、まるで花火のように咲かせます。駿府薬草園の隅に咲いています。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

『時』に流されずに、今日とその先を生きる。

2018年05月14日

むつごろう薬局東京店(むつみ薬局)で、以前からお世話になっています大嶽さんが大変素晴らしい作品を作られました。大嶽さんは東京で活躍されてきたデザイナーでこの度、故郷の静岡にお戻りになられました。この度の作品も大変心温まるものです。お店にて、販売もしていますのでご興味のある方は、お求めください。

 

『時』に流されずに、今日とその先を生きる。

 

現代人の暮らしはより便利に、そしてスピード感を伴うようになりました。

一方で『時』というものに、どれだけの人が

意識して日々を送っているのでしょうか?

いまの人々は年齢に関係なく、常に何かに追われていて

身近なしあわせを見過ごしているように思えます。

 

 

ぬりえ日めくり「ときめくり」とは

【時】×【ときめき】×【日めくり】

 

『時』に感謝しながらぬり絵を楽しむ…「今日の気分は、この色!」なんて

自分と会話しながら日めくりが完成していく。

そこには「知らない自分」がひょっこり顔を出すかもしれません。

いち日の終わりに親子でぬり絵を楽しんだり、

できあがったぬり絵を見ながらアレコレと語り合うのも

新たな発見につながるかもしれません。

いち枚のぬり絵が作り出すゆったりとした、そしてしあわせな時間が家庭に

そして、世の中にたくさん生まれることを願っております。

 

◀31日分のぬり絵が楽しめます。

 

企画・デザイン/大嶽泰敏 Tel.090-3548-8276

印刷・制作/ナガハシ印刷株式会社 

 

静岡店でも、販売を行っております。(1080円税込)

ご興味のある方はぜひご覧ください。