西洋医学で治りにくい病気こそ“漢方”の出番です…皮膚病、不妊症、癌、膠原病など

むつごろう薬局「自然の漢方薬で赤ちゃんはきっとできる」

今月のおめでた
今月のおめでた

おめでた情報はこちら

むつごろう畑の近況報告

種の収穫です。当帰の種を取っているだけで、掌はぽかぽかになります。当帰が体を温める理由が体感できました。


むつごろう新聞

トピックス情報

牡丹の陰に隠れるように、カラスビシャクが生えています。最近では沢山増えています。生薬名は「半夏(はんげ)」。生姜と組んで吐き気を除きます。一本抜いてみたところ可愛らしい半夏がついてきました。


ノルウェーからのお便り
紫雲膏
むつごろう八選茶

東邦大学小池教授から届きました「牡丹」

2018年01月15日

毎年この時期、小池教授からの心こもった「牡丹」が届きます。

この牡丹の花を見ていると、とても心が洗われる気が致します。

ありがとうございます。

牡丹は、漢方薬の大切な成分の一つです。私がよく使う温経湯にも少し入っています。薬草園でも4月から5月にかけて奇麗な花を付けます。

血流をよくするだけでなく、お腹の炎症を改善する働きがあるため、生理痛にはよく使われます。